一喜一憂

【漢字】一喜一憂
【読み】いっきいちいゆう
【意味】状況の変化で喜んだり落ち込んだりすること。またはその場の状況に振り回されること。
【例文】サッカーの試合に一喜一憂する。

一喜一憂をテーマにした記事

一喜一憂の恋愛

恋愛体質の人っていると思います。
年齢関係なく、そういう人はいると思います。
恋人中心に生活が回っている人です。
その人の生活は全て恋人が軸となっています。
それはわたしにはとても愚かに映ります。
恋人の言動に一喜一憂し、恋人が会いたいと言えば他に予定があろうとも恋人に合わせる。
恋人の好みの服装や髪型、メイクに変える。
恋愛するとどんどん自分を失ってしまう人です。
わたしは、恋愛をしてお互い向上していきたいです。
この人と出会ったことで、自分はこうなれた。
この人にもわたしと出会えたことでいい影響を与えたい。お互いこの出会いで成長したい、素敵な思い出を作りたい。と考えます。
お互いの生活を尊重し、見守り、応援し、刺激を受けるようなお付き合いがしたいです。
会う頻度は少なくても気持ちで繋がっている、信頼し合える恋愛こそが至高だと考えるからです。
恋愛体質の人は少しの隙も見逃さず一緒にいたり、連絡を取り合ったりしています。
いつも二人の世界の中にいて、なんだか閉鎖的です。
恋人とばかりいつもいて、友人との付き合いが減ってしまうことも多いように思います。
若い頃、そんな恋愛ばかりをして多くの友人を失ったのはこのわたしです。
あんな恋愛では幸せな気分を味わうだけで、幸せにはなれません。