腹に据えかねる

【漢字】腹に据えかねる
【読み】はらにすえかねる
【意味】怒りが腹の中におさまらない。イライラが止まらない。
【例文】腹に据えかねて反論する。

腹に据えかねるをテーマにした記事

ずるいことは駄目です。腹に据えかねる

中学校に入ってから、クラスメートがカンニングしたり、テストの解答を書き直して先生に点数を上げてもらったりするのを何度か見かけました。あまりに何回もやるのでクラスの人たちにバレているのに、本人は「先生に書き直したんじゃないかって疑われたんだけどー」とか文句を言っていたので、かなりムカッときました。先生は赤ペンでしっかり誤答の文字をなぞっていたのに、そこを直したのでバレたんでしょうね。
また、私が行っていた高校ではいろいろな検定を受けさせられたのですが、そのために学校でも授業をやって、小テストみたいなのをするんです。それを先生がしっかり成績として見ていたのですが、なんと近くの席の子が手の平にテストで出てくる図形をしっかり書き込んでいて、完全にカンニングしていたことが判明しました。
その子は海外のインターナショナルスクールから進学してきた子なのですが、その学校ではみんながカンニングを普通にしていて、みんなで協力し合って答えを教え合っていたこともあったと話していました。
後日、その子が近くの席の子に「ここらへんのメンバーで協力して、今度のテストのカンニングしようよ」みたいなことを言って誘っていたのですが、やはり断られていました。腹に据えかねるとはこのことです。