角が取れる

【漢字】角が取れる
【読み】かどがとれる
【意味】性格が穏やかになる。
【例文】彼、中学では番長だったのに子どもが生まれると角が取れるもんだなー。

角が取れるをテーマにした記事

角が取れるような生き方をしたいものです。

芸能人でも一般人でも言えることですが、年齢を重ねるにつれて角が取れて丸くなった人が多いように思います。
若いころは、刺々しかったり短気だったりと気難しい性格だったのに、歳をとったら穏やかになり同じ人とは思えないくらい変わった人もいます。
やはりそれは長い人生の中で色々なことを経験し、人に揉まれることで角が取れるのでしょう。
若いころは嫌いだと思っていた人でも、歳をとって丸くなった人を見ると妙に好感度が増すものです。
きっと嫌なところをたくさん見てきた分、そのギャップで余計に良い人に見えるのだと思いますが、それでも何だか和やかな気分になります。
そのような年配の人たちを見て、自分もあんな風に角が取れる歳のとりかたをしてみたいと思う今日この頃です。
私は、我が強く気に入らないことがあれば顔や態度に表してしまいがちで、直さなければとはわかっているのですが、なかなか直せません。
中には、年齢を重なるごとに頑固で気難しい性格になる人もいるため、自分もそんな風にならないように心がけなくては…。
優しい人間になるためには、やはり人のために何か役に立つような生き方をしたいと思いますね。
たまに出掛け先で困っているお年寄りに親切にすると心が洗われる気分になりますが、きっとそのようなことの積み重ねなのかもしれません。