目を三角にする

【漢字】目を三角にする
【読み】めをさんかくにする
【意味】目を吊り上げて怒る。
【例文】デートに1時間遅刻したので彼女が目を三角にした。

目を三角にするをテーマにした記事

注意するときは目を三角にするべきか

人に注意をするときは、優しく注意する方が良いのでしょうか。それとも厳しく注意をする方が良いのでしょうか。悪いことをした相手に、もし優しい態度で怒ったとしても、相手はちゃんと話を聞いてくれない場合があるでしょう。かといって厳しい態度で怒った場合、相手がこちらに萎縮してしまって、それ以来相手が自分に対して距離を置いてしまうことも有り得るでしょう。

そのため人に注意をする際は、相手によって多少は態度を変えることも必要だと考えられます。相手が既に反省しているなら、そこで更に目を三角にするようにして怒るよりは、優しく注意すれば十分でしょう。反対にまだ相手が反省していないようでそれこそ目を三角にするようにして叱りつけるべきでしょう。

どんな人であっても、子どもの時は親に怒られたでしょうし、アルバイト先や会社で上司に注意されたといった経験はあるかと思います。ですから今、家庭で子を持つ親や、会社で部下を持つ上司であれば、子どもや部下が何か問題を起こした場合、注意する機会が訪れるのは仕方ありません。相手が反省しているかどうかをよく見て『どのように相手に間違いを指摘すれば良いか』を考えた方が良いでしょう。むやみやたらに怒鳴りつけたりするのも、相手の心を傷つけてしまいますからね。