転んでもただでは起きない

【漢字】転んでもただでは起きない
【読み】ころんでもただではおきない
【意味】たとえ失敗したとしてもそこから何か得るものを見つけ出す。
【例文1】メンバー落ちしたけど、肉体改造して転んでもただでは起きない。
【例文2】転んでもただでは起きない精神を身に付ける。

転んでもただでは起きないをテーマにした記事

転んでもただでは起きない精神は子どもたちのため


転んでもただでは起きないとは困難にぶちあたっても必ず何かを得るものをみつけることです。いい言葉ですよね。失敗しても諦めない精神がうかがえます。
人生ではいろいろなことが起こりがちです。私はこれまでの人生で困難に陥った事は離婚です。豪遊癖が直らず半年くらい話し合いをしては口論になり、家族のことを一番に考えていない夫に愛想尽かして子ども3人抱えての協議離婚に踏み切りました。子どもたちは小学校に通っていたので、性を変えずに親権は私が持つことと養育費を請求することに成功して転んでもただでは起きない覚悟で家を出ました。実際に4人での生活は穏やかになり、イライラがなくなって子ども達に八つ当たりすることがなくなってむしろやさしい気持ちになりました。父親がいないからってわがままに育てない、進学はしないなんてことは絶対に避けたかったので、簡単な家事は受験生を除く長男以外の兄弟で分担しました。中学まで学費に負担がかからなかったので、国からのお手当と児童手当は高校進学用に30万円貯金していました。3人とも公立高校に進学してくれれば家計も助かりますが、私立に進学した時も考えてあります。二男はテニスの試合で準優勝した腕の持ち主です。特待生も狙っています。