耳を貸す

【漢字】耳を貸す
【読み】みみをかす
【意味】人の言う事を聞く。
【例文】いくら言っても耳を貸そうともしない。

耳を貸すをテーマにした記事

耳を貸すとは

目の前の人物が誰であろうと、その者の言い分に聞く耳を持つ行動を「耳を貸す」と言います。相手が年端もいかない子供であろうが、或るいは極悪犯だろうと、まずはきちんと向き合いその人の言い分を受け止められる者の成せる行動と言えます。自分の考えに固執している人や、他人の考えにそもそも興味の無い人にそれは決して出来ません。耳を貸す事の出来る人は、他人を理解する意思のある人でもあるからです。自分だけが正しいと根拠のない自身のある者には、他人の考えを聞こうとする事が苦痛らしく、物事に対し自己完結出来れば良いので、自分以外の価値観は必要ないと見做されている様です。それが結果的に他の意見に同調出来ず、耳の貸せない人を形成してしまっているのです。耳の貸せる人は、他人に興味があるのはもちろんの事ながら、その人の意見にも興味を持てているのです。そういう人の周りには自然と人が集まり、一つのコミュニティが出来易いのに対し、耳を貸す余裕の無い人は自ずと人が寄って来ないものです。人によっては只のお人好しに移る事もあるかもしれませんが、自分の意見に興味を示す人を毛嫌いしたりなど、そうはしない筈です。「被疑者の声に耳を貸す」や「反対意見に耳を貸す」などは、いづれも懐の大きさを感じられてなりません。