暖を取る

【漢字】暖を取る
【読み】だんをとる
【意味】体を暖める。
【例文】鍋を囲んで暖を取る。

暖を取るをテーマにした記事

暖を取るには石油ストーブに限ります

うちでは冬になると、暖を取る為に石油ストーブを使っています。
過去には色々な暖房器具で暖を取る事をしていましたが、最終的に石油ストーブに落ち着きました。
何故石油ストーブに落ち着いたのかと言えば、それは石油ストーブが暖を取るのに一番向いているからです。
今は一般的に暖房と言えば、エアコンを使っていると思います。
確かにエアコンはスイッチ一つで直ぐにお部屋が暖まりますから、便利と言えば便利です。
しかしエアコンで暖房すると、お部屋の湿度が下がってしまいます。
その為に加湿器を使う事に成るのですが、石油ストーブならば、その必要がありません。
石油を燃やすと僅かながら、水分が発生します。
ですから石油ストーブを使えば、部屋の湿度を下げずに済むのです。
また石油ストーブの上に水を入れたやかんを乗せておけば、お湯が沸いて自然とお部屋が潤ってくれます。
さらに湧いたお湯でお茶を飲む事も出来、お湯を沸かす光熱費も節約する事も出来るのです。
また石油ストーブの燃えているだいだい色を見ているだけで、暖かさを感じます。
体感的に暖かいだけでなく、目で見ても暖かさを感じる事が出来るのです。
この様な理由から、うちでは暖を取る為に石油ストーブを使っているのです。