火を見るよりも明らか

【漢字】火を見るよりも明らか
【読み】ひをみるよりあきらか
【意味】悪い結果になると予想される。先の事がはっきりしている場合にも使う。
【例文1】彼がフラれるのは火を見るよりも明らか。
【例文2】性格が悪くて彼の将来は火を見るよりも明らか。

火を見るよりも明らかをテーマにした記事

地球の将来は火を見るよりも明らか

昔の日本は冬になると雪が積もり春になると綺麗な花が咲き乱れ、梅雨の時期には大量の雨が降り、夏は今は暑く、秋は紅葉が見られるなど、四季折々の美しい情緒あふれる風景を楽しむことが出来ました。今はどうでしょう。冬は豪雪になったり、全然雪が積もらなかったり、春は桜がいつもより早く咲いたり、から梅雨があったり、豪雨の異常気象だったり、夏は高温注意報が出たり、超大型台風が日本を襲ったり、秋は冬近くまで紅葉しないなど、異常気象は火を見るよりも明らかです。このままでは人間が住めなくなるのではないでしょうか。
日本はともかく世界に目を向けても異常気象は火を見るよりも明らかです。凄い勢いでアマゾンの熱帯雨林が破壊されています。砂漠化が進んで遊牧民が住めなくなっています。北極の氷が解けて縮小してきました。二酸化炭素の影響で地球の温暖化が進み日本でも40度という夏の気温を記録したことも有名な話です。熱中症で、高齢者や体力のない子どもたちが病院に救急搬送される状況も報道でよく聞きます。地球が破壊されていくのは本当に火を見るよりも明らかです。私たちの世代はまだまだいいかもしれませんが、次の子どもたちの世代に地球に住めるかとても心配です。