他力本願

【漢字】他力本願
【読み】たりきほんがん
【意味】他人の力に期待を込めること。
【例文】他力本願では成長しないよ。

他力本願をテーマにした記事

他力本願で同僚に仕事を頼む

私は仕事で得意分野と弱い部分があります。誰でも得意不得意はあるのではないでしょうか。私は現在48歳でパソコンが不得意です。まだまだ私の時代はパソコンは皆に普及していなく、もちろんのこと学校でもパソコンの授業などありませんでした。仕事で時々と言うか頻繁にパソコンを使った業務があります。ある程度の文字程度は打てるのですが、仕上げにかかったら他力本願です。そこは事務系の女性に仕事を頼みます。その女性は快く引き受けてくれたり、パソコンの操作方法を教えてくれたりします。心強い同僚です。私の歳くらいになるとパソコンも向上心がないのかなかなか上手くなりません。そんな時は他力本願で同僚に頼みます。頼んでばかりでは、不公平なので、自分の仕事の得意分野ではその同僚を助けたりします。やはり仕事と言うのは持ちつ持たれつではないでしょうか。不得意のパソコンはその同僚に任せて得意分野は私が買ってでる。このように他力本願的なところもありながら仕事と言うのは全体にスムーズに進んで行くのではないでしょうか。ホントのところはパソコンももっと勉強してエクセルなども上達したいのですが、何回も努力しても挫折してしまう始末です。全くどうしたものか。