子は三界の首枷

【漢字】子は三界の首枷
【読み】こはさんがいのくびかせ
【意味】首かせとは罪人の首にはめて自由を束縛する刑具。親は子どもへの愛情から自由に思い切ることができず、いつまでも束縛されるという意味。
【例文1】成人しても愛しい我が子は三界の首枷である。
【例文2】いつまで経っても子は三界の首枷だ。

子は三界の首枷をテーマにした記事

子を思う親心があればこその「子は三界の首枷」

二世タレントなどが何か不祥事を起こしたり、逮捕されたりすると、その親が出てきて謝罪会見をすることがあります。子どもが成人している場合は、何も親が謝る必要はないと思いますが、そのシーンを見るたびに、私は「子は三界の首枷」ということわざを思い出します。
「三界」と言うのは、仏教の言葉で、過去と現在と未来のこと。「首枷」は、昔の刑具で、首にはめて罪人の自由を奪うもののことだそうです。子は三界の首枷ということわざは、つまり、「親は子どものために一生自由を奪われることになる」という意味でしょう。
それだけでは、何ともネガティブな意味になってしまいますが、このことわざには「親心」のニュアンスが含まれていると考えていいのではないでしょうか。
先ほどの二世タレントの例でいえば、親は「あんな子どもとは縁を切ります」と突き放すこともできますが、多くの親はそうはしません。
子どもが何をしたとしても、親子であることに変わりはないというのが、謝罪する親のスタンスです。そこにはつまり、子を思う親心があるのではないでしょうか。
親心があるからこそ、子どもに縛られ、自由を奪われることになるわけです。「首枷」というような刺激的な比喩を使ってはいるものの、このことわざの裏には親の情愛が潜んでいると思われてなりません。