幅を利かせる

【漢字】幅を利かせる
【読み】はばをきかせる
【意味】威勢よく振る舞う様子。
【例文】社長の御子息だからって幅を利かせて歩く。

幅を利かせるをテーマにした記事

スマートフォンが幅を利かせる様になりました

幅を利かせるとは威勢よく振る舞う、威張り散らすという意味です。
会社の上司や身の回りに一人はいると思いませんか?
社会に出て仕事をするようになるとたくさんの人と触れ合う事になります。
どこに行ってもこの人苦手だなとか威張っているなと思う人が必ずと言っていいほど現れてきます。特に上司に多いような気がします。
こちらが仕事でミスをして怒られるならまだしも「これだから高卒は・・とか女は・・」とかいう上司許せません。早稲田卒だかなんだか知らないけど一言余計です。自分が一番賢いと思っているようです。
その上司も部長にはゴマすっています。部長は早稲田より格下の大学出身だと聞いています。さすがに幅は利かせきれないでしょうが、心の中ではどう思っている事でしょう。ゴマをする人はいつの時代にもどこにでもいますよね。世渡り上手なので能力と指導が伴わず、部下が混乱してくるのです。
一方実生活では昔から住んでいる地元の住人が多い田舎の地域に住んでいるので近所には幅を利かせている町内会長さんがいます。挨拶をきちんとして毎回行事ごとにきちんと参加していれば、うとましく思われないので、時には融通をきいてもらい逆にその幅を利用させてもらっています。わたしだって賢く生きなくちゃやってられませんからね。