丼勘定

【漢字】丼勘定
【読み】どんぶりかんじょう
【意味】丼とは器ではなく職人の前掛けを指す。昔の商売人が前掛けのポケットから勘定することからきた言葉。手元にあるお金で支払う。または大まかな勘定をいう。
【例文1】丼勘定で家計簿を付ける。
【例文2】彼氏は経済力があり、いつも気前よく丼勘定だ。

丼勘定をテーマにした記事 

丼勘定で済むのは独身のときだけと感じています

私は子どものいない専業主婦ですが、夫が働いて得たお給料の管理は任されています。
夫婦2人の食生活や、快適に暮らすための日用品、ちょっと贅沢をしたいときの外食費、たまには2人でのんびりしたいと出かける温泉旅行の費用など、やりくりは私にかかっています。
教育費が不要だからこそ、私は専業主婦という呑気な身分でいられますが、
よそ様に比べ、特に我が家の経済状況が良いわけではなく、悪いというわけでもありません。

しかし、独身の頃のように、私自身が働いて得たお金を、私自身が使うのとはわけが違います。
夫が外で頑張って働いて得たお金ですから、当然、丼勘定で済ませるわけにはいきません。
そんな考えから、私は結婚当初から家計簿を欠かさずつけています。

こういうと、なんてマメでしっかりした妻かと誤解する人もいます。
しかし、実際の私は、丼勘定どころか、穴が開いているのではないかと、財布をひっくり返してみるほどの経済観念の持ち主です。
私を信用して家計を任せてくれている夫を裏切らないために、頑張って管理しているに過ぎません。
毎日のように家計簿と電卓に向かっている私の姿を、もしも実家の父と母が見ることがあったら、
「これはうちの娘ではない!」と言われてしまうかもしれません。