丼勘定

【漢字】丼勘定
【読み】どんぶりかんじょう
【意味】丼とは器ではなく職人の前掛けを指す。昔の商売人が前掛けのポケットから勘定することからきた言葉。手元にあるお金で支払う。または大まかな勘定をいう。
【例文1】丼勘定で家計簿を付ける。
【例文2】彼氏は経済力があり、いつも気前よく丼勘定だ。

丼勘定をテーマにした記事 

丼勘定で済むのは独身のときだけと感じています

私は子どものいない専業主婦ですが、夫が働いて得たお給料の管理は任されています。
夫婦2人の食生活や、快適に暮らすための日用品、ちょっと贅沢をしたいときの外食費、たまには2人でのんびりしたいと出かける温泉旅行の費用など、やりくりは私にかかっています。
教育費が不要だからこそ、私は専業主婦という呑気な身分でいられますが、
よそ様に比べ、特に我が家の経済状況が良いわけではなく、悪いというわけでもありません。

しかし、独身の頃のように、私自身が働いて得たお金を、私自身が使うのとはわけが違います。
夫が外で頑張って働いて得たお金ですから、当然、丼勘定で済ませるわけにはいきません。
そんな考えから、私は結婚当初から家計簿を欠かさずつけています。

こういうと、なんてマメでしっかりした妻かと誤解する人もいます。
しかし、実際の私は、丼勘定どころか、穴が開いているのではないかと、財布をひっくり返してみるほどの経済観念の持ち主です。
私を信用して家計を任せてくれている夫を裏切らないために、頑張って管理しているに過ぎません。
毎日のように家計簿と電卓に向かっている私の姿を、もしも実家の父と母が見ることがあったら、
「これはうちの娘ではない!」と言われてしまうかもしれません。

丼勘定の「丼」は牛丼の丼ではない?そもそも丼って何?

大ざっぱな金勘定をすることを「丼勘定」と言います。今でもよく使われる言葉ではないでしょうか。私は自営で商売をやっていますので、丼勘定は厳禁。すべてのお金の出し入れは、常に細かく正確にしなくてなりません。ところで、この言葉の語源ですが、ここで使われている「丼」は、われわれのなじみのある牛丼の「丼」ではないようなのです。今は目にすることがほとんどなくなりましたが、昔の職人さんが身に着けていた腹掛けの前の方についていた、物を入れておく部分のことを「どんぶり」と言ったのだとか。大工さんや左官さんなどの職人さんはそのどんぶりの中にお金を入れておいて、無造作に出し入れしていたところから、大ざっぱでいい加減な勘定のしかたのことを丼勘定と呼ぶようになったのだと言います。その「丼」ですが、語源は主に2つあるようです。一杯の器に盛り切りにした食べ物を売る飲食店の「慳貪(けんどん)屋」から来たという説と、物を無造作に放り込むときの「ドボン、ドブン」という擬音語から来たという説です。「丼」という漢字が、「井戸の中にものを投げ込む」というところから作られたということを考えれば、後者、つまり「ドブン」というオノマトペに由来する説のほうが正しいような気がします。

政府の丼勘定は許し難いです

今の時代、中々収入が伸びないのに、支出ばかりどんどん増えて行き、節約をしないと生活が出来ないようになっています。
国民がこんな生活を強いられているにもかかわらず、政府は未だに丼勘定を続けています。
毎年政府では色々な予算が組まれていますが、その予算は精密に計算されたものではなく、あくまでも概算と言う程度のモノです。
大まかに予算を組んでいるだけで、正確な数字を計算して組んでいる訳ではありません。
ですからいつも、予算を使い切れずにお金が残ってしまうのです。
お金が残ってしまうと、次の年に予算を組んでもらえなくなりますから、使い切ろうとします。
それでつまらない公共事業などをして、無駄に税金を使っているのです。
政府は口では支出抑制をしているとは言っていますが、実際は丼勘定ばかりで、無駄なお金を節約しようとはしていません。
あたかも税金は自分たちのモノで、どう使っても構わないだろうと言いたげです。
政府の丼勘定のおかげで、支出がどんどん増え、赤字国債を乱発していて、国の借金が途方もないほどの額になってしまっています。
このまま行くと、何れこの国の財政は破綻してしまい、私たち国民は満足に生活が出来なくなってしまう恐れがあります。
ですから今からでも遅くありませんから、政府は即刻丼勘定をやめて、必要な分だけ予算を付けるようにするべきです。