気は心

【漢字】気は心
【読み】きはこころ
【意味】少しばかりの真心。
【例文1】気は心だ。お隣さんにおすそ分けをしよう。
【例文2】気は心のお土産を渡す。

気は心をテーマにした記事

気は心を忘れないようにしたい

誰かから贈り物をもらった時に、その値段がいくらだったかを調べる人がいます。
贈りものの値段と気持ちの大きさは必ずしも一定ではないと思っています。

気は心で、贈る気持ちが大切なのだと思います。
そのため、贈られた金額や大きさ、量などとは関係ないと思います。

贈られたものの値段をチェックして、それでその人の人格などを判断するのは、とても卑しい人のような気がしてしまいます。

贈りものは高くて多ければ良いというものでもないと思います。
贈られたら逆に何かお返しをしなければなりません。

そのやり取りが面倒で、最近ではそういった贈り合うことを控えている人もいます。
私は人に何かを贈る時、相手の負担にならない程度のものにしています。

高価なものでは逆に気を使わせてしまいます。
そうでなければお返しを期待することもないですし、貰う方もお返ししなければという気持ちにはなりにくいと思います。

気持ちや心は見えないものなので、時には値段や物の価値、または大きさや量などでその人を判断してしまいがちです。
しかし、それが相手の大きな負担になってしまうこともあります。

何かを贈る時は必要以上に高価なものを贈って、かえって相手に気を使わせてしまうことがないようにしたいものです。