耳に入れる

【漢字】耳に入れる
【読み】みみにいれる
【意味】情報を知らせる。
【例文1】耳に入れたい話がある。
【例文2】部長の耳に入れる。

耳に入れるをテーマにした記事

耳に入れるのは重要なことです

よく上司に対して、急に悪い話を持っていくと怒られたりしませんか。
悪い内容ほど早めに報告をすることは重要ですが、正攻法で持っていくと、怒鳴られることはあります。
もし、悪い情報を知った場合には、まずは概要レベルでも上司の耳に入れておくのがよいです。
この耳に入れる行為をしただけで、その後の上司からの当たりや、関連部署との調整をスムーズに実施することができます。
このように、仕事を円滑に実施していくうえでは、耳に入れる行為は重要な要素であります。
耳に入れる行為自体は、どちらかといいますと、正攻法ではなく、目回しをしておく際に、事前に話をして、情報をつたえることです。
ことの成り行きを左右するプロジェクトでは刻々と情報が変わりますが、逐次上司に報告はせずとも、要所ではしっかり抑える必要があり、この耳に入れる行為はまさにしっかりとやっとおかねばならないことです。
ましてや、声の大きい上司においては、この目回しなどの耳に入れることは毎回、やっていた方が良いと思います。
私も最近では、情報の概要がわかった時点で上司の耳に入れるようにしています。
決して上司が裸の王様にならないようにする目的もありますが、このようなことの積み重ねで信頼が生まれます。