群を抜く

【漢字】群を抜く
【読み】ぐんをぬく
【意味】多くの中で抜群に優れている。
【例文1】彼女は群を抜いて成績が良い。
【例文2】群を抜く速さだ。

群を抜くをテーマにした記事

群を抜く足の速さ

群を抜くとは集団の中で飛び抜けて先を行く存在を言います。

たとえば「群を抜く成績」と使うことがあります。
努力するから評価されるのは間違いないのですが、努力しても報われない者にとっては羨ましい限りですね。
小学校のクラスに群を抜いて足が速い男子生徒がいました。他の子を寄せ付けない圧倒的な早さです。必ずと言っていいほど足の速い子って学年に1人はいますよね。その男の子は野球部で背も高く俊足を活かして活躍していました。小体連ではもちろん100m走に出場です。あまり本気で走っていないかの様に見えたけどそれでも大会新記録が出ました。確かに後ろから迫る勢いで走ってこられれば力も出るでしょうが、群を抜いて1番だったので本気がでなかったのかなと応援団の中で話していました。8年経った今でも塗り替えられていません。
個人的には陸上部に入って本格的に学ぶともっと伸びるんだろうなと思いましたが、中学・高校に上がると野球部に専念していました。ちなみにわたしはは女子の中では100人中5番くらいでした。