耳慣れない

【漢字】耳慣れない
【読み】みみなれない
【意味】これまであまり聞いたことがない。
【例文】耳慣れない方言に興味が湧いてきた。

耳慣れないをテーマにした記事

耳慣れない言葉が多すぎます

いつ頃からか分かりませんが、耳慣れない言葉がやたらと巷で使われるようになっています。
アメニティー、ユニバーサル、バリアフリーなど、次から次へと耳慣れない言葉が登場してくるので、意味を理解するのにとても時間が掛かってしまいます。
私くらいの年のモノは未だ良いですが、お年寄りと呼ばれる世代にとっては、耳慣れない言葉は魔法の呪文のように聞こえるはずです。
しかし耳慣れない言葉でも、社会で普及してしまえば、使わざるを得ない状況になってしまいます。
とはいえ、お年寄りにとってこれほど酷な事はありません。
お年寄りはただでさえ、記憶力が衰えていることが多い物です。
そんなお年寄りに、次から次へと出てくる耳慣れない言葉を覚えろと言うのですから、酷と言わざるを得ません。
バリアフリーという言葉は、障碍者の方やお年寄りの方が住み易くするための言葉です。
ですがバリアフリーという言葉は、お年寄りにとって優しい言葉とは言えません。
バリアフリーという言葉が壁を作り、お年寄りが住みにくい社会を作ってしまているのです。
バリアフリーに因って段差をなくしたりする事も大事ですが、言葉もお年寄りの為にバリアフリー化して欲しい物です。
耳慣れない言葉はこれからも増えて行くと思いますが、高齢化社会に伴い、お年寄りの為に何とかしていかなくてはイケないのではと思います。