恩に着る

【漢字】恩に着る
【読み】おんにきる
【意味】人から受けた恩に感謝する。
【例文】不良グループに絡まれた所を助けてもらった。恩に着る。

恩に着るをテーマにした記事

恩に着るつもりが詐欺にあった話

私は十年まえ位に詐欺に引っかかったことがありました。必ず儲かるからと、最初だけ3万円を入金してくれと相手がいうのでなんの疑いもなしに3万円入金しました。そして次の日に、ある、演技人が私とあって喫茶店でコーヒーを奢ってくれたのです。金のない私にこんな経験仕事をくれるなんてと私はその演技者へ恩に着るよと言いました。そしてまた次の日に、1本の電話がかかってきました。100万円入金してくれれば貴方に投資したい人がいるというので、私は恥ずかしながらその電話の男に恩に着りますと100万円入金してしまったのです。これで自分も貧乏人から脱出出来ると思いました。そうしたところ、また電話がかかってきました。入金の口座名義が違っていたのでスグに返金するからまたお金を入れて欲しいとの要望でした。私はスグに返金してくれるならばと思ってもう100万円入金してしまったのです。そこでアホな私は恩に着るどころか自分を悔やみました。このまま唖然としてしまって、立ちすくんでいたのです。詐欺にあっている事は分かりました。時間が経って我に返って警察にも被害届けを出しましたが、ことは既に遅しです。私はとんでもない詐欺にあったのです。