百発百中

【漢字】百発百中
【読み】ひゃっぱつひゃくちゅう
【意味】百発の弾丸がすべて命中するたとえから、予想した事がすべて当たるという意味。
【例文1】勘が百発百中で当たる。
【例文2】女の勘は百発百中だ。

百発百中をテーマにした記事

私の勘は鋭い百発百中!

矢や銃弾などを百回放って、全て的中させる事を「百発百中」と言い、どんな標的でも外さずに的に当てる技術の持ち主にとって最上級の揉め言葉であります。
男女の恋愛に於いては、お目当ての異性にアプローチし必ずOKを貰う時にもそういう表現を用いたりしますが、この手の人はあまり周りからの評価は良くはありません。そういう手合いはお付き合いの数に興味が先んじてしまい、恋愛の中身を疎かにする方が多いからです。
私の勘は鋭いと自分でも思います。相手がこうするだろうこんな風に思っているだろうなとか百発百中です。なので先読みして下調べをして恋愛も仕事もうまきいっています。しかし勘が鋭いあまり、見たくないものや知りたくないことも目にしてきます。付き合っていた彼氏が同窓会に行くというので、いつもになくめかしこんでいました。女の勘が働き誘導尋問のようにメッセージを送りましたが、返事はありません。気になってその日は眠れませんでしたが、ジャケットのレシートを見つけ普段あまりお酒を飲まない彼がワインやチーズなど項目にありました。問い詰めても証拠にはなりませんし、確定もしたくない気持ちと、小さな事が大ごとになもなり兼ねませんので、悔しかったけど黙っていました。