鼻を突く

【漢字】鼻を突く
【読み】はなをつく
【意味】臭いが鼻を刺激する。
【例文】鼻を突く異臭がする。

鼻を突くをテーマにした記事

鼻を突く

鼻を突くとは鼻を刺激する強い臭いの他に主人から勘当される、縁を切られる意味の表現もあるそうで前者の意味で使われる事が多いと思ってたので勉強になりました。「突く」と漢字は違いますが接続詞が一字異なると「鼻につく」になり嫌気がさすとかうっとおしいという意味の言葉もあり「鼻」に限らず顔や体の一部を表現した言葉は本当に多いなぁと思います。鼻を突くような臭いと言えば昔飼っていたペットが皮膚病になってしまいその時処方してもらった薬用のリンスが硫黄の臭いそのものでビックリした経験を思い出します。市販で売ってるものではなく皮膚病用との事でシャンプーは柑橘系の刺激の無い微香でしたが、リンスの方はまさに硫黄温泉のような感じでその成分が入ってるんじゃないかと思う程でした。始めに獣医さんには「独特な匂いしますからね」と聞いてはいたのですがやっぱり戸惑いました。洗った後のお風呂は硫黄の臭いで充満してましたので、マンション住まいという事もあり、とにかく周囲に迷惑になってないかが心配でした。何か言われたりする事が無かったのが幸いでしたが、なるべく食事時とか人が居ないであろう時間帯に入るよう気を付けて使い続けました。さすが病院のとあって皮膚病による炎症や痒みが治まっていき凄いなと思いました。完治までは定期的に使わないとだったので1年以上掛かったと思います。使用後は塩素洗剤でお風呂掃除を気休めにしたりしながらの治療で人間でも臭いが強いのに我が犬の嗅覚を思うと酔ったりしないのか心配でしたが、痒がったり毛が抜けてしまわなくなった愛犬を見て有り難さの方がやはり大きかったです。