頭隠して尻隠さず

【漢字】頭隠して尻隠さず
【読み】あたまかくしてしりかくざず
【意味】悪事を隠したつもりが全部を隠し切れていない。
【例文1】(妻)糖尿気味なのにまた隠れてケーキ食べたでしょ。(夫)食べてないよ。(妻)レシートがポケットに入ってたわよ。頭隠して尻隠さずだったわね。
【例文2】アリバイは完ぺきだったがレシートが決め手となり頭隠して尻隠さず。

頭隠して尻隠さずをテーマにした記事

「頭隠して尻隠さず」は全てばれている

頭隠して尻隠さずとは巧妙に悪事を隠したつもりだが、すべてばれていることです。子どもがケーキ食べたでしょ?と聞いても知らないよ。と口にクリームをつけて嘘言うくらいはまだ可愛いものです。大人になるとだんだん賢い知恵をつけるようになるものですよね。
先日も後輩と飲みに行くと言って出掛けた夫。いつもの事ですが、飲みすぎは駄目だと念押しているにも関わらず、べろんべろんになって帰ってくるのです。言い訳は「つがれたら断るわけにはいかない」が毎回の言い分です。数日後、いっしょに行った後輩に会いご迷惑をおかけしましたと言ったところ、夫は機嫌がよかったらしく酒が進んでいたそうです。まあ気分をブチ壊しにしたくはありませんから私も黙っていますが。。

中学生の長男も今流行りの携帯アプリメルカリでよく買い物をしているみたいです。宅配便が来ると一目散に玄関に走り、そそくさ部屋に戻ります。あとで明細を見つけてすべて知っているんですけどもね。