玉に瑕

【漢字】玉に瑕
【読み】たまにきず
【意味】ほとんど完璧なのにわずかの欠点があること。
【例文1】良妻賢母だが、怒ると非常に怖い所が玉に瑕なんだよな。
【例文2】住まいは良いが、交通量の多さが玉に瑕だ。

玉に瑕をテーマにした記事

玉に瑕なこと

玉に瑕とは完璧な仕上がりだが、わずかながらの欠点があることです。
瑕ってこう書くのですね。傷だと思っていました。
わたしの住んでいる街は保育園・小学校・中学校が歩いて7分です。保育園は歩いて4分です。
マンモス学校といわれる小学校・中学校はベランダからと非常階段側に立てば校庭が見えます。子どもたちの元気に遊ぶ様子をよく見ていました。子どもたちが通学していく様子も毎日見られたし、目の前にスーパーもあります。郵便局もありますので、本当に便利な街に引っ越してきてよかったとつくづく思います。
ただ最近わが子が卒業して社会に出て思うことは子どもたちが校庭で遊ぶ声がやたらとうるさく感じることです。通学時もワイワイおしゃべりしながら行っているものですから、通学路に面した部屋に寝ている私は敏感なので目が覚めてしまします。平日休みがある息子が起きやしないか気を使っています。窓は絶対に開けません。あんなに完璧な住まい環境だと思っていたことがマンモス校ゆえに騒音が玉に瑕です。