百花繚乱

【漢字】百花繚乱
【読み】ひゃっかりょうらん
【意味】たくさんの花が咲き乱れている様子から、一度にたくさんの優れたものが現れる。
【例文1】彼女は百花繚乱の面接試験に挑む。
【例文2】倍率は百花繚乱だったが、息子は見事大手企業に就職した。

百花繚乱をテーマにした記事

百花繚乱の新人

百花繚乱とはたくさんの花が咲き乱れた様子から、優れた者が一度にたくさん現れることを言います。

毎年毎年いろいろなジャンルで優秀な人材が世の中に出てきて貢献していますね。羨ましい限りでニュースを見ています。

私は春・夏高校球児が甲子園で戦う姿を毎年楽しみにしてみています。全国各地で勝ち抜いてきた高校同士が戦います。
甲子園ともなると、百花繚乱が気になります。毎年優れたプレーヤーはドラフトから指名がかかります。日本の将来を背ってたつ若者が甲子園から輩出されるのです。何も勝った高校や優勝校ばかりではありません。甲子園の伝説の一つで一度も打たせてもらえなかった松井秀樹元選手もそうでした。怪物と呼ばれた腕前を恐れて敬遠されましたね。いくら戦略とはいえ堂々と戦ってほしかったです。
同じ年代の子を持つ親として頑張っている姿は涙ものです。わが子も百花繚乱目指して来年地元の大手企業に挑みます。