故事来歴

【漢字】故事来歴
【読み】こじらいれき
【意味】古くから伝わる出来事のいきさつや由来。
【例文】故事来歴に興味があり旅に出る。

故事来歴をテーマにした記事

日本の「故事来歴」について

昔に比べると日本に観光旅行に来る観光客がたいへん多くなっているということです。
日本のさまざまな事柄を見たり体験したりして、感動を覚えるという人も多く、一度来日した人がまた来たくなることもあるようです。
何度も来日しているうちに、すっかり日本そのものを気に入って、日本に住み暮らしたいと思う人もけっこういて、有名なところで言えばアメリカ人のデイブ・スペクターさん。
奥様は日本人で、ダジャレが大好きなデイブさんはツイートで日本語のダジャレを書いているそうです。
デイブさんだけではなくて、外国人で日本の伝統的なことに興味を持ち、それを仕事としている人もたくさんいます。
茶道や華道を身に着け教師として日本人に教えている人や伝統的な工芸の技術を高齢の日本人から学び、残し伝えようと精進する人達。
またテレビでコメンテーターとして活躍しているロバート・キャンベルさんはたいへん博学で、日本の「故事来歴」についても非常に詳しいことが知られています。
こうして日本を愛して日本の歴史を大切にして、その伝統的な事柄を伝え残そうとする外国人の方々には脱帽です。
ぼんやりとただ日本で生まれ育ってきた私など、心から感謝の気持ちが湧いてきます。