一姫二太郎

【漢字】一姫二太郎
【読み】いちひめにたろう
【意味】子どもの生まれる順番を言う。女の子一人に男の子二人と勘違いされることが多いが、正しくは最初に女の子が生まれ、次いで男の子を持つのが最も理想的で育てやすいという意味。
【例文】我が家は一姫二太郎で姉が面倒見てくれ、思いどおりの子育てができた。

一姫二太郎をテーマにした記事

一姫二太郎は子育てが楽?

一姫二太郎。子を持つには、最初は育てやすい女の子で、次は男の子がよいという言い伝え。(出典:デジタル大辞泉
一姫二太郎という言葉は、よく、女の子を一人、男の子を2人産むといいという意味と勘違いされることがありますが、これは間違いです。
子どもの人数を指すのではなく、生まれる順番を指すのです。
一般的に、女の子のほうがおとなしいので子育てがしやすいといわれています。男の子のほうがやんちゃなので子育ては大変といわれていますね。もちろん個人差はありますが、自分の身の回りを見てみても、その通りだと感じます。
最初に女の子が生まれてくれれば、次の子が生まれた時には、お姉ちゃんとして子育てを手伝ってくれるという意味もこめられているのではないでしょうか。
これも個人差があるのは当然ですが、お兄ちゃんよりも、お姉ちゃんのほうが下の子の面倒をよく見てくれる印象があります。
そうは言っても、子どもは神様からの授かり物。産み分け法などという言葉もありますが、100%自分の思い通りに子どもの性別が調整できるわけがありません。
偶然、一姫二太郎になれたら、ラッキーというくらいに思っていればいいですね。
個人的には、生まれてくる順番も大事ですが、年の差も大事だと思います。年子だと大変だけど子育てが終わるのが早い、3学年差だと受験が2人同時にやってくる、年の差が大きいと一緒に仲良く遊びにくくなる、など、年の差に応じて悩みも出てきます。家族計画は良く考えることが大切ですね。