機に乗じる

【漢字】機に乗じる
【読み】きにじょうじる
【意味】その場の状況に応じて行動する。
【例文】機に乗じて独立して起業する。

機に乗じるをテーマにした記事

好機を見極め、機に乗じて行うことが大事

私は物事を行うためには、タイミングが必要だと日々感じています。
予定していたことがすんなり進まないこともありますが、そういう時は機が熟していないのかもしれません。

そういう時に無理して行っても、労力だけ費やしてしまい、結局上手く行かないこともあります。
必ず好機というのがあるので、その機に乗じて行うことが必要です。

その好機を待つことも大切ですし、きちんと見極めて行動することが肝心です。
これとは少し違い意味かもしれませんが、思い立った時が好日というのもあります。

確かに以前から予定していたことをやるのと、思い立った時に行うのでは、タイミングが変わってくるのかもしれません。

思い立った時はもしかしたら、気に乗じる好機なのかもしれません。
とは言え、やはり先のことはある程度見通しておきたいものです。

その中で好機を見極め、実行していく方が私には向いているような気がします。
ですが、頭で考えていても、時には予想外の行動に出てしまうこともあります。

予測不可能なことは世の中にはたくさんあり、それが上手くいくためには、あまり考えすぎないことが大事なのかもしれません。
普段、自然に接することが多くなると、機に乗じるタイミングを見極めやすくなるような気がします。