向こう見ず

【漢字】向こう見ず
【読み】むこうみず
【意味】先の事など考えもせずに行動すること。
【例文】向こう見ずな発言でバッシングを受けてテレビから消えた芸人。

向こう見ずをテーマにした記事

向こう見ずな性格の私の父

私の父は、一言で表すと向こう見ずな性格です。64歳になっても、お酒は休肝日も作らずに毎日のみ、超肥満体型なのにダイエットもしていません。
お酒を控えるように言うと、我慢するとかえって健康に悪いと言う始末です。
父の若い頃の話を聞くと、これも向こう見ずに就職先をコロコロと変えて、せっかく見つけた就職先でも「俺はこんなもんじゃない」などと言っていたようです。
結局ある小売店に落ち着いたのですが、その会社の営業に配属されて日本全国をまわる時も、宿泊先も営業先も決めずに徒然なるままにまわっていたようです。
そんな向こう見ずの父が、最近タバコをやめると言う偉業を成し遂げました。私は欲望のままに生きる父を見て来たので驚いたと同時に、さすがに衰えてしまった自分の健康を心配するようになったんだろうと思いました。
タバコをやめてみると朝の歯磨きも気持ち悪くならないし、咳もしないしで良いことずくめだったようで、今度はダイエットも始めると言い出しました。
急に将来のことを考えて行動し始めたのは、自分の兄弟が脳梗塞で倒れて寝たきりになったことにショックを受けたからだそうです。
私も健康に向こう見ずな行動は良くないと思うので、ぜひ父に計画的に行動して欲しいです。