幸先がいい

【漢字】幸先がいい
【読み】さいさきがいい
【意味】何かを始めた時にうまくいきそうな予感をいう。
【例文1】スーパーの新装開店オープン前に行列ができて幸先がいいスタートだ。
【例文2】出会いを求めて旅に出た。1日目から気が合った女性と同行して幸先がいいスタートをきった。

幸先がいいをテーマにした記事

幸先がいいスタート

幸先がいいとは物事を始めた時に良いことがありこの先安定だという時に使われます。    

幸先がいいと気分も上がりますし、やる気も出てきます。
私は結婚するときにのちに旦那さんとなる人が新築マンションを購入したときに付き合い始めたので同棲・新婚生活は海が見える素晴らしマンションで幸先がいい新婚生活をスタートさせました。子どもは一姫二太郎で望んだ通りの結婚生活です。
長女は2年前、県外の専門学校に通い、ケーキ屋さんでアルバイトしながら、生計を立てています。今年卒業で、そのまま正社員として働くことが決まっています。長男は地元の国立大学に受かり自宅通学で、地元がゆえに友人も多くキャンパスライフを楽しんでいます。アルバイトの焼鳥屋さんで深夜まで働くことがありますので、旦那が送迎をしますが、自宅に帰るなりすぐに眠りに就くようです。まかないのおかげでずいぶん食費やお小遣いが浮いているようです。