猫ばば

【漢字】猫ばば
【読み】ねこばば
【意味】猫が糞をしたあと砂で隠す様子から、悪事を隠して知らん顔すること。他人の物を勝手に拾得すること。
【例文】落ちていたゲーム機を猫ばばしようとしている者がいる。

猫ばばをテーマにした記事

猫ばばしないかと心配になってしまいます

どんな清い心を持った人でも、お金を前にしたら、人が変わってしまう恐れがあります。
それを証明するような事件が。これまで数えきれないぐらい発生しているのです。
例えばどこかにお財布が落ちていて、それを交番に届けたとします。
普通だったら、書類を書いて、持ち主が現われるのを待つと思います。
ですがその書類を捨ててしまって、財布が届けられていない事にして、猫ばばしてしまう警官が居るのです。
警官と言えども人間ですから、お金を目の前にしたら、自分が警察官だと言う事を忘れて、悪い事をしないとも限りません。
この様な警官が居るかと思うと、財布などの金品が入ったものを見つけても、交番に届けて良い物かどうか迷ってしまうのです。
また、地震などの災害が発生して、多くの人が被災すると、義援金を募る事があります。
テレビなどで被災した方々を目の当たりにすると、義援金を出そうかなと言う気にさせられます。
とはいえ、ココにも猫ばばする人がいる様な気がして、快くお金を出す気にはなれません。
義援金に関わっている人たちは、皆善人とは限りません。
中には義援金を猫ばばしようともくろんでいる人もいないとも限らないのです。
そんな人の為に義援金を出したくはありませんから、どうしても躊躇してしまうのです。
猫ばばする人が居なく成らない限り、安心する事は出来ません。