泥棒を捕らえて縄をなう

【漢字】泥棒を捕らえて縄をなう
【読み】どろぼうをとらえてなわをなう
【意味】泥棒を捕まえてから縄を準備しても逃げられることから、事が起きてから慌てて準備を始めること。
【例文】今すぐ入院準備をしろ。泥棒を捕らえて縄をなうでは陣痛は待ってはくれない。

泥棒を捕らえて縄をなうをテーマにした記事

泥棒を捕らえて縄をなうみたいになっています

北朝鮮は昔から独自に軍事力を強化して、自国の力を誇示し続けて来ました。
更にここ最近、その傾向が強くなっていると思われます。
過去、北朝鮮がミサイルを発射して、日本国を飛び越した事があります。
この時私たちは、北朝鮮の脅威を目の当たりにする事に成りました。
にもかかわらず、日本政府はこれと言った対策をこれまでして来ませんでした。
撃ったミサイルがたまたま日本国を飛び越えただけで、こんな事は二度とないと思っているかのように、対策をを講じなかったのです。
しかしここに来て、再び北朝鮮がミサイルを発射して、日本国を飛び越えて行ったのです。
北朝鮮がミサイルを撃って、通過するかもしれないと思われていた中国地方四国地方ではなく、全然方向違いの北海道を飛び越えて行きました。
この時点で北海道地方に、ミサイル迎撃の準備をする必要があるにもかかわらず、日本政府はしませんでした。
そして再び北海道地方を通過するミサイルが発射されたのです。
二回通過して、やっと日本政府は北海道地方にミサイル迎撃の準備をしました。
これでは、泥棒を捕らえて縄をなうと言われても仕方ない様な気がします。
やる事がいちいち後手に回ってしまっていて、北朝鮮の良い様にされてしまっている気がします。
泥棒はそこにいて、入るぞと警告しているのですから、泥棒を捕らえて縄をなうという間抜けな事はしないでほしいです。