世を渡る

【漢字】世を渡る
【読み】よをわたる
【意味】世の中で暮らしていく。
【例文】彼は若いのに人脈があり、世を渡るのがうまい。

世を渡るをテーマにした記事

上手く世を渡る為には知識だけではだめです

人間が社会で生きて行くためには、上手く世を渡る手段を身に付けなければなりません。
今は高校や大学に進学する人が多く、高学歴を有している人が多くなっています。
ですが高学歴だからと言って、上手く世を渡る事が出来るとは限りません。
上手く世を渡る手段は学校では教えてくれないので、幾ら学校で知識を詰め込んだとしても、それでうまく世を渡る事が出来ると思うのは大間違いです。
世の中を見ていると、必ずしも高学歴の人が上手く世を渡る事が出来ているとはいえません。
学歴なんかなかったとしても、上手く世を渡るすべを身に付けていて、大出世を遂げている人がいます。
上手く世を渡る為には、人に好かれる事が大事です。
社会と言う人間の集団の中で人は生きて行くわけですから、その人間に好かれなければ世を渡る事が出来ないのは当たり前と言えます。
ただ人に好かれると言うのは、簡単に出来そうでそうでもないことが多いです。
世の中には色々な考えを持った人がいて、こうすれば必ず全ての人に好かれると言う方法は存在していません。
ですから個々人でそれぞれやり方を変えて、対応していかなければいけないのです。
これはどんな高学歴の人でも、中々出来る物ではありません。
上手く世を渡る方法を身に付ける為には、学校の勉強をするだけではだめで、色々なタイプの人と関わってみるしかありません。