身の程知らず

【漢字】身の程知らず
【読み】みのほどしらず
【意味】自分の立場や能力をわきまえないこと、または人。
【例文1】彼女に近づこうなんて身の程知らずもいいとこだね。
【例文2】稼ぎもないのにお嬢様に近づくのは身の程知らずだ。

身の程知らずをテーマにした記事

自称身の程知らずの友人

友人は自称「身の程知らず」です。
友人は若いうちに結婚し離婚まで経験しているシングルマザーで同い年のわたしに比べたら人生の経験値が高すぎます。
子ども達も大きくなりましたが、自分はまだバリバリの現役。仕事に励んでいます。
彼女は中卒です。実家が貧しく、就職をして家を支える選択肢しかなかったとの事でした。15歳からずっと働いています。なんとか大検を取り、今は中小企業で事務員をしています。
彼女はとても綺麗でスラッとしており、俗に言う中卒のシングルマザーとは違うイメージです。
とても子どもがいるようには見えないし、派手さもなく上品な雰囲気で普通のキャリアウーマン然としています。
かなりモテたようですが、再婚もせず離婚して20年お母さんとしてがんばってきました。
そろそろ恋愛とかしてもいいんじゃないの?という話をすると嫌がるのですが、彼女にはそろそろ自分の幸せを掴んでも許されると思うのです。
綺麗だし一人でいるのはもったいない、と。
でも彼女は言います。「わたしは理想が高くて身の程知らずだからだめなの。」じゃあどんな人が理想なのか聞いてみると、仕事をがんばっている人なんだそうです。そんな人たくさんいるのになぁ・・・
でも彼女を見てるとかっこいいなって思います。
素敵なのに謙虚な人って素敵です。