百聞は一見に如かず

【漢字】百聞は一見に如かず
【読み】ひゃくぶんはいっけんにしかず
【意味】百回聞くより、実際に一度見てみるのがよい。
【例文】中古物件は百聞は一見に如かずだ。

百聞は一見に如かずをテーマにした記事

百聞は一見に如かずチャレンジすることが何よりも大切

これまでにやったことのない仕事や目標などを持っているとき、皆さんは色々なことを調査し、情報収集をしますよね?私も、この「情報収集」をすることはすごく大事なことだと思っています。なんでも、適当に作業をすれば成果がでるというわけではないので、理にかなった作業をすることが、非常に大事です。でも、皆さんはこんなとき情報コレクターになっていませんか?情報ばかり集めて、実際の行動がなにもできていないということはありませんか?昔から、「百聞は一見に如かず」という言葉があります。ご存知の通り、聞いてばっかりりるより、一目見たほうが早いという意味です。人は、不安なことがある場合、ついつい情報を欲しがり、理論武装しようとしてしまいます。でも、武装ばっかりしていも、行動が伴わないと意味がありません。たくさんの情報を集めて、理にかなった行動ができると自身がついたときは、ぜひ行動に移してみてくださいね。「聞く」ばかりでは意味がないですよ。実際の行動も小さな行動を初めてみれば、ゆくゆくは大きな行動に代わっていくはず。まずは勇気をだして動き出してみましょう。動き出さずして、あれこれ情報を収集しても、目標を達成することは出来ませんよ。「まずは、動いてみる。」これが、結果的に大きな実を結ぶことでしょう。