足を運ぶ

【漢字】足を運ぶ
【読み】あしをはこぶ
【意味】目的のためにわざわざ出向く。
【例文】わざわざ演奏会に足を運んでいただきありがとうございます。

足を運ぶをテーマにした記事

秩父長瀞に足を運ぶ

上京してからというもの毎日に疲れており、休日はなかなか出掛けようという気にならなくなりました。
行ってみたいところはたくさんあるし、いろんな場所に興味はあるけれど、どこに行っても多くの人がいて、どこへ行くにもたくさんの人が乗っている電車を利用しなければならず、外出が億劫になるのでした。
普段満員電車で通勤しているわたしは休みの日まで電車に乗りたくないのです。
しかし、都心にも素敵な紅葉スポットがあることを知り足を運びたくなった場所があります。
それは秩父長瀞。埼玉県のようです。
都心に向かうわけではないし、まあ人は多いだろうけど通勤電車のように電車も混んでいないだろうし、行ってみたいなぁと思っています。
秩父長瀞のことはテレビ番組で知ったのですが、都心にも紅葉スポットが存在することを知り、調べてみたところ都内にも紅葉スポットがあることを知り驚きました。
高尾山はよく名前は聞いていましたが都内だったのかと驚き、更に奥多摩の方にも多数紅葉スポットや大自然が堪能できるらしくとても興味が湧きました。
外出意欲も高まりました。
少し足を伸ばせば河口湖や松本などにも乗り換えも少なく行けるとのこと、楽しみが増えました。