魚心あれば水心

【漢字】魚心あれば水心
【読み】うおごころあればみずごころ
【意味】相手に誠意が見られればこちらもそれに応えようとすること。
【例文1】魚心あれば水心で今日の取引は成功した。
【例文2】近所付き合いは魚心あれば水心で接する。

魚心あれば水心をテーマにした記事

魚心あれば水心、魚心とは?水心とは?

魚に水と親しむ心があれば、水もそれに応じる心があるという意味だそうです。
魚が水とは、魚に意思があるかどうかはよくわかりませんが、まあ水を好むというところでは納得です。
しかし水もそれに応じる心っていうのはちょっと無理があるよな気がします。しかしそういわれているのであれば、きっと水にも心はあるのでしょう。もうちょっと具体的な意味を調べてみます。

魚と水に例えはしましたが、相手が好意を示せば、自分も相手に好意を示すという意味のようです。これは実際には難しい話ですね。
実際これまで生きてきて幾度好意をもって告白して、幾度フラれたことでしょう。
現実は悲しいことに魚心あれば水心通りにはなかなかうまくいきません。

相手を嫌いに思えば相手も自分のことを良く思っていないことは多々あることですので、普段人と接するときはその方のいいところを見つけて好意をもって接するようにすれば人付き合いもうまくいくであろうという意味でとらえて実行して行きたいと思います。