噂をすれば影

【漢字】噂をすれば影
【読み】うわさをすればかげ
【意味】人の噂話をしていると、ちょうどその人が偶然に現れること。
【例文1】彼の話をしていたら本人が現れた。噂をすれば影でビックリした。
【例文2】噂をすれば影と言うから噂話はほどほどに。

噂をすれば影をテーマにした記事

「噂をすれば影」を経験した人は多いのではないでしょうか

ことわざの中で思わずドキッとさせられるものがあります。その中でも「噂をすれば影」ということわざは、とりわけ男性より女性の方がドキッとしてしまうことわざではないでしょうか。

「噂をすれば影」というのは「ある人のうわさをしていたら、その人が予期せぬタイミングで自分の前に現れる」と言う意味です。どちらかというとあまり良い意味では使いませんね。つまり、「本人のいないところでその人のうわさをするのもほどほどに」という事を教えてくれることわざでしょう。

女性はとくに他人の噂話をするのが好きな傾向がありますから、気を付けなければなりません。私自身は、良い意味でも悪い意味でもこのことわざがずばり当てはまる状況に何度か遭遇しています。例えば、職場でいつも遅刻するAさんの噂話を皆でしていたら、いきなり背後から「おはようございます」と声をかけられたことがありました。これこそまさに「噂をすれば影」ですよね。また、よい意味では、あるスポーツをしていたときに「彼女が早く来てくれたら助かるんだけどなぁ」という話をチームメンバーがしていたときにそのうわさの彼女が現れた、というような奇遇な経験もあります。

この「噂をすれば影」ということわざは世界的にも知られていることわざのようで、英語でも""Speak of the deveil, and he will appear""と言われているようです。悪い意味での噂は避けた方がよさそうですね。