虎を野に放つ

【漢字】虎を野に放つ
【読み】とらをのにはなつ
【意味】虎を野放しにすると危険なことから、権力がある者を自由にすること。
【例文1】短気な彼を一人で行かせるなんて虎を野に放つようなもんだ。
【例文2】お金で仮釈放を虎を野に放つ。

虎を野に放つをテーマにした記事

虎を野に放つと同じ行為です

世の中には色々な犯罪がありますが、その中でも弱い女性を暴行をして関係を結ぶ犯罪は、許しがたい犯罪の一つであると言えます。
この手の犯罪の厄介な所は、親告罪と言う所です。
つまり被害に遭った女性が親告しなければ、被害を与えた男は警察に捕まらないと言う事です。
男の人は親告なんて簡単だと思うかもしれませんが、心と体を汚されてしまった女性にとって、親告すると言うのは身を引き裂かれるのに等しい行為だと言えます。
ですから男性から暴行を受けても、泣き寝入りをして親告しない女性がたくさん居るのです。
また被害を受けた女性が勇気を振り絞って親告をしたとしても、被害を受けたことを立証するのが大変です。
同意のもとでしたのではないと言う事を、女性の側が証明しなければなりません。
これは被害を受けた女性にとっては、酷なんてものではないと言えます。
そして苦難を乗り越え、男を起訴できたとしても、男が受ける罰は大したものではありません。
長くても数年刑務所に入る程度で、その後は出所して社会に出てきます。
しかしこれは虎を野に放つのと同じ行為であり、今すぐに何か対策を打たなければなりません。
でなければ、被害を受ける女性が後を絶ちません。
一度女性を襲った男は二度三度と同じ行為を繰り返すことが多いですから、一度でもこの手の犯罪を起こした男は、特定の場所に一生閉じ込めておくべきです。