無用の長物

【漢字】無用の長物
【読み】むようのちょうぶつ
【意味】あっても役に立たず、かえって邪魔なもの。
【例文1】身体が大きい彼に引っ越し作業をお願いしたら、体力がなく無用の長物だった。
【例文2】ミサイルは無用の長物だと気づいてほしい。

無用の長物をテーマにした記事

無用の長物が平和の象徴

日本はアメリカに守ってもらっている国ですが、その代わりにたくさんの税金をアメリカに支払っているようです。
北朝鮮がミサイルを打ってくるということから、危機管理のためにその応戦の兵器ともいうべきものも準備をしています。
最新のものが必要ですと言われれば、言われるままにその最新のものを防衛費で購入して、これでは日本全体をカバーできないと言われれば台数を増やして。
しかし、一度として飛んで来るミサイルを撃ち落としたことはなく、また撃ち落とそうとして失敗した時の日本国民からのクレームを考えると、軽々に使えないのではないでしょうか。
しかし、これこそ無用の長物とならないようにしてほしいものです。
いや、無用の長物で終わってくれれば、日本は安全だと反対に考えてみれば、それはそれで意味のあるものなのかもしれません。
自分で守ることができないのであれば、セコムのように料金を払って守ってもらうのは仕方が無いこと。
ただ、アメリカ以外に選択肢がないので、ほんとうはそんなにたくさん税金を使わなくても良いのかもしれないというチェックができないという点が問題ではあります。
無用の長物が平和の象徴として一度も使わず錆びていくことが正解かも。