火のない所に煙は立たぬ

【漢字】火のない所に煙は立たぬ
【読み】ひのないところにけむりはたたぬ
【意味】全く何もなければ噂は立たない。噂が立つからには、多少なりとも根拠がある。
【例文1】噂によると彼女、サッカー選手と付き合ってるらしいよ?火のない所に煙は立たぬだしね。
【例文2】火のない所に煙は立たぬの真相を確かめる。

火のない所に煙は立たぬをテーマにした記事

芸能人の熱愛報道、火のない所に煙は立たぬは本当?

全く身に覚えのない噂を立てられても、火のない所に煙は立たぬと言われれば、
なにか誤解を与えるような言動があったのかと、心当たりを探してみる人がほとんどだと思います。
実際に噂の発端となった人を突き止められれば、なぜそんな誤解が生じたのかを問い詰めることもできるでしょう。
しかし、それが芸能人の噂の場合、私たち一般人と同様には考えられないようです。
熱愛報道があっても、友人たちと何人かで食事をしていて、たまたま二人きりになるタイミングが確かにあった、
という自覚があれば、それが火種だったともいえるかもしれません。
しかし、熱愛報道のなかには、面識すら全くない人との仲を取り沙汰されることもあるようです。
もちろん、噂の当事者の言うことですから、事実かどうかははっきりしませんが、
もしもそれが事実ならば、噂となっている相手の人と、実際に仕事などで一緒になったときに気まずい思いをするのではないでしょうか。
また、他に実際の熱愛相手がいた場合には、その人との関係も悪くなるきっかけにもなってしまいそうです。
芸能人は、噂されるうちが花、噂にもならなかったらおしまい、とはよく聞きますが、やはり、少々気の毒なような気がします。
芸能人の噂の元となりがちな週刊誌などは、火のない所に煙を立て、それで販売部数が増えることに疑問は感じないのでしょうか。

本当に火のない所に煙は立たぬ?

よく聞きます。
火のない所に煙は立たぬ。と。
でもみんなわりと「それただの噂でしょ~?」と言います。わたしの体感ではあまり噂を信じていない人の方が多いように思います。
噂話にはみんな慎重な気がします。
特にネットの噂話なんかにはみんな敏感で、でも丸々信じている人はいません。
「まあ、ネットだからね~」と。
でもわたしはそうは思いません。
火のない所に煙は立たないんです!そんな噂が出るということはそういう可能性が少なくともゼロではないとも言えるのです。
だからわたしはわりと噂を平均より少し多めに信じています。どちらかというと信じています。
丸々ではなくとも、そうなんじゃないかという目で見ています。
ネットって本当に凄いと思います。
メディアが真実を知りながら隠している場合があることをネットで学びました。
わたしたちが得る情報源がメディアしかなかった頃はだいぶ騙されていたんだろうと思います。
もしかすると、ネットの情報を信じるのは危険と煽るメディアは、知られたくないことがネットから発信されることを危惧してのことなのかもしれないなとも思えます。
なにを信じるべきなのか、よくわからない時代です。
もしかしたらネットもメディアに踊らされているのかもしれませんし・・・