虎の巻

【漢字】虎の巻
【読み】とらのまき
【意味】要点をまとめたり解説した参考書。
【例文1】この虎の巻はわかりやすい。
【例文2】受験対策は虎の巻を読む。

虎の巻をテーマにした記事

素粒子物理学の虎の巻

虎の巻とは秘訣が書いてあるような教則本や参考書のことを言います。物事に対してとても分かりやすく書いてあるアンチョコのようなものです。
最近私が読んだ本でとても興味深い本がありました。物理学者、私はこの人を天才物理学者だと思っているのですが、多田将さんの書かれた「すごい実験」や「宇宙の始まり」などの本です。細かく言うと素粒子物理学の本で、素粒子を研究することで宇宙がどうやってできたのか?なぜ人間がこの宇宙に存在するのか?という学問です。多田将先生の専門はニュートリノ振動の研究です。
なぜこの多田先生の本がお薦めかというと、今まで読んだどの物理学の本よりも理解しやすいのです。多田先生自身が高校の物理学で落ちこぼれて?どうやったら自分の頭で理解できるのか?説明されたことを自分のアタマで絵に描ければ理解出来たということなんじゃないか?と気付きます。
それを踏まえた上でご自身が物理学の説明をするときには難しい数式は一切使いません。その物理現象をイメージしやすいように時にはガンダムを使って、時には面白いシチュエーションに例えて分かりやすくそして楽しく教えてくれます。そして頭でイメージするにあたりそのスケール感、大きさなど的確にイメージできるようにするとき、ここぞと言うところで数字を使います。
多田将さんの書かれた本はまさに物理学本の虎の巻だと思います。

ひどい奴がいた虎の巻をしていた友達

虎の巻というと何かの問題の答えなどを思い浮かべます。高校の時には中間期末テストなどがありました。その時、一生懸命僕達は勉強していました。しかしです。その中で悪どい奴がいました。テスト前になるとみんな徹夜で勉強していたのにその悪どい奴は徹夜で虎の巻を作っていたのです。何とも変な話です。そいつはガムのからのような紙にぎっしりと出そうな問題の答えを書いているのでした。そしていつもある程度の点数をとっていたと思います。そんなくせが着くと絶対に本人にとってはいいことはないのは分かっています。本当に僕達が勉強している中でそのような虎の巻作りに励んでいた奴がもはや可愛そうという言葉がピッタリです。大学になっても別の人間ですがそのように学期末試験などになると虎の巻作りにせいを流していた人間がいました。この世界に生きていますがあくどい事や嘘八百を並べるやつ等はその日は良くても必ずししっぺ返しが来ます。世の中とはそういう風に出来ているのです。あくどい事は虎の巻もそうですが嘘を言うこと私も嘘をついたことがありますが嘘は絶対にバレます。私が身をもって体験したことです。嘘をついたことがない人なんていないと思いますが悪どい嘘だけはいけません。