難色を示す

【漢字】難色を示す
【読み】なんしょくをしめす
【意味】受け入れる事が難しそうな顔つきをする。
【例文1】その金額では売ることはが出来ないと難色を示す。
【例文2】難色を示す顔つきで契約は無理そうだ。

難色を示すをテーマにした記事

難色を示すような態度を出さないように気をつけたいですね

難色を示す、という言葉の意味は、文字通り、難しい顔を表すことをいいます。
難しい顔ということは、不快な気持ちを示すことですが、このような状況としては、広義的に相手から受けた提案や意見に対して、受け入れをしかねる雰囲気を出してしまう状態のことをいいます。

人柄は顔の雰囲気から、と良く言われることがありますが、まさに難色を示すという言葉に関連している内容といえます。

このように、難色を示すということに関連して、人間は、顔に気持ちが出てしまうように、ある意味表現が豊かであることがわかります。

私もその1人なのですが、少しこの癖は直したいと思っています。
顔に態度や気持ちがでるというのは、自分が感情をコントロールできていないことを示します。
そして、仕事上でこのような態度をしてしまうと、相手には失礼になり、誰も相談をしてくれなくなります。
これは仕事上においては損です。

一方では、感情や態度が全く表れない人もいます。
いわゆる、ポーカーフェイスです。
ただ常にこのポーカーフェイスをしていると、人間味が無いように思われてしまいます。

なかなか加減が難しいのですが、顔に気持ちを出すのは、時と場合によると思いますので、自身をきちんとコントロールしていきましょう。