首を長くする

【漢字】首を長くする
【読み】くびをながくする
【意味】とても楽しみに待つ様子。
【例文1】結婚式の日を首を長くして待つ。
【例文2】初孫の誕生を家族全員首を長くして待つ。

首を長くするをテーマにした記事

首を長くして楽しみにする

何年も会っていない友達が電話をしてきました。中学生の時親友に近い存在の彼でした。本当に久しぶりだけど会おうかということになりました。約束の日を私は首を長くして待っていました。そして約束の日が来ました。おい、久しぶりだなあ自分は君に合うために首を長くして待っていたよと言うと彼も首を長くして待っていたとのこと。彼は昔と変わらずイケメンの男でした。とりあえずファミレスにいこうと言うことになりました。ファミレスに言って昔話に花を咲かせました。とても楽しい昔話に子どもに戻った気分でした。
首を長くするほどの親友でしたから、これからも定期的に会おうということになりました。そして彼が真剣な顔をしてきました。俺とビジネスしないかと話が変わったのです。そして健康食品のビジネスだけど一儲けして将来はベンツに乗らないかと話を持ちかけてきたのです。私はあれかと思いました。ネズミ講です。彼は昔話は一切しなくなり、その健康食品の良さをしてきました。億万長者に一緒になろうじゃないかとのこと、私はこの話で冷めてしまいました。ネズミ講をさせるために自分に会いに来たのかとがっかりしました。もちろん断わりました。そして彼との友人関係も断ちました。