機先を制する

【漢字】機先を制する
【読み】きせんをせいする
【意味】相手が行動をする前に作戦を仕掛け、勢いを制御する。
【例文1】今日の試合は機先を制して勝利した。
【例文2】部長に気に入られようと機先を制する。

機先を制するをテーマにした記事

機先を制した結果

機先を制するというと、先制攻撃とか相手がまさに先手を打とうとするタイミングで自分の方が手を打ち相手の出鼻をくじく、そういった意味があります。戦争で言えば真珠湾攻撃満州事変でしょうか?歴史はどちら側から見るかでそのとらえ方が大きく変わります。そして戦争中はどっちが正しいことを言っているのかすら分からない状況です。機先を制したことによって始まった戦争ですがそれが事実だったのか?でっち上げだったのか?それは永遠に不明のままでどちら側からの解釈ということになると思います。
一方スポーツの世界では機先を制するというとフライイングですね。特に陸上の短距離のフライイングに関してはもう少し制度を上げて欲しいと思います。大体音を聞いて人間が反応するまでの時間はこれぐらいだろうと計算して、それよりも早くに反応した選手はフライイングを取られます。位置について、よーい 、ドン!のよーいからドン!の間の秒数は決められていないそうです。ドン!の音を聞いて反応させるためです。でも人間だって進化しています。驚異的な反応速度を持った選手だっています。ボルトのフライイング一発失格は衝撃的でしたが、もしかしたら驚異的な瞬発力のなせる業だったのかもしれません。