目が回る

【漢字】目が回る
【読み】めがまわる
【意味】とても忙しい様子。
【例文1】お昼時の店内は目が回るような忙しさだった。
【例文2】発注ミスの対応に追われ目が回る。

目が回るをテーマにした記事

目が回るという状況について

普通の場合で目が回るといえば、すごく忙しい状態を指します。
猫の手も借りたい大忙し、てんてこ舞い、きりきり舞い、東奔西走の師走のような忙しさ、など忙しいことを表現する言葉は沢山あります。
最近では、超過密スケジュールを指すデスマーチ(死の行進)という言葉も聞くようになりました。
無職で収入・貯蓄なしよりはマシな生活なのでしょうけれど、忙しい事と儲かる事は同義にならないことにふと気がつくと虚しさを感じずに入られません。
全力で仕事に集中している状態ではそのような思考が入る隙間もないくらい忙しいので特に問題は起きませんが、気がついてしまうともういけません。
目が回る状態から、目が腐っている、目が死んでいると人には見せられない表情になることすらあります。
とりあえず、いくら忙しくても休息と栄養補給は十分にとることが必要です。
物理法則を超えてまで仕事をしろとは、さすがに要求してこないでしょう。
忙しすぎれば最終的には疲労などから眩暈などの症状が起きて、言葉通り目が回る状態になることも考えられます。
視覚・聴覚の異常や不安定な血圧からくる「目が回る」は、明らかに身体に異常をきたしているのですから早急に原因を究明するべきです。
今更ですが生きるために働いているのであって、仕事のために生きているのではないことを確認しておきましょう。