人の噂も七十五日

【漢字】人の噂も七十五日
【読み】ひとのうわさもしちじゅうごにち
【意味】人の噂は75日も経てば忘れていくから気にしないという意味。
【例文1】人の噂も七十五日だから放っておけばいい。
【例文2】人の噂も七十五日だ。気にするな。
【例文3】田舎での人の噂も七十五日は通用しない。

人の噂も七十五日をテーマにした記事

インターネットには残っても人の噂も七十五日

パソコン、スマートフォンタブレットなど様々な媒体を通じてインターネットを使う時代になりました。おそらくインターネットを利用したことが無い人の方が少ないでしょう。そのくらい身近になったインターネットですが、インターネットの使い方は非常に繊細なものです。というのもインターネットは世界中の人から見ることができ、また一度配信した内容は、半永久的に消えることが無いからです。

たとえばSNSに投稿した内容が炎上したためその投稿を消したとしても、第三者がその投稿内容のキャプチャーを撮ってしまっていたら、その第三者がキャプチャーを消さない限りは、その投稿内容は第三者の手によって、いつでもインターネット上に配信される可能性があるというわけです。しかも配信された場合、世界中のどこの誰からでも見ることができてしまいます。これがインターネットの怖いところでもあります。

ですがこのようにインターネットには半永久的に残ってしまっても、人の噂も七十五日といったように、たとえ炎上したとしても、そのうち人々の記憶からは忘れ去られることが多いです。たとえば1年前にSNSが炎上した人の名前を挙げてみようとしても、なかなか難しいでしょう。ただいくら人々から忘れ去られるからといっても、インターネットには残ってしまいますので、やはりインターネットの使い方には注意しましょう。