独断専行

【漢字】独断専行
【読み】どくだんせんこう
【意味】単独で物事を決め実行すること。
【例文1】独断専行で揉め事が起きる。
【例文2】班長が独断専行で計画を立てる。

独断専行をテーマにした記事

独断専行で作業をするのも否定はしませんが

学生であれば部活、社会人であれば仕事など、人生の中で誰かと共同作業を行う場面は出てくることでしょう。そうしたとき、誰かと意見が衝突してしまうことだってありますね。意見が異なるのは、それぞれの過ごしてきた環境が違えば考え方も違うので、仕方ありません。ですが誰かと衝突するのを恐れるあまり、共同作業を必要としないいわゆる単独作業を行うようになってしまうのは、少し勿体ないように考えられます。なぜかと言えば他者と関わらなくなってしまうと、新しい知識や解決方法を知る機会が減ってしまったり、人と上手くコミュニケーションが出来なくなってしまうからです。

たとえば何か作業をしている際、もしも自分に何かよほど突出したスキルがあって、自分にしか出来ないということがあれば話は別にしろ、他者が教えてくれたことが自分になかった発想だった場合、それが問題解決の糸口になることだってあります。それに人間は共同体を築くことを前提として生きています。これは原始時代、お互いに協力しあわなければ生きていけなかった頃の名残ですね。そのため他人とコミュニケーションが上手く取れなくなってしまうと、それが逆にストレスになってしまう恐れがあります。独断専行で作業をするのも否定はしませんが、ときには他者と関わることも大事だということを覚えておいてもらえると幸いです。