人間万事塞翁が馬

【漢字】人間万事塞翁が馬【読み】にんげんばんじさいおうがうま or じんかんばんじさいおうがうま(どちらも可)【意味】幸せだと思っていたことが不幸に変わったり、一見、不幸だと思われることが幸運を呼び込むきっかけになることがあるということ。長い…

修羅場

【漢字】修羅場【読み】しゅらば【意味】激しい争いの場面。【例文】夫婦喧嘩の修羅場に遭遇した。 修羅場をテーマにした記事 色々と修羅場はあるものです 修羅場という言葉の意味はどのようなものでしょうか。意味は、血みどろの激しい戦いや争いが行われる…

弱冠

【漢字】弱冠【読み】じゃっかん【意味】20歳の男性を指す。近年は20歳前後の男性にも言うようになった。若干と多く間違われる。【例文】彼は弱冠20歳の若さで結婚した。 弱冠をテーマにした記事 弱冠は20歳限定とは言えない 弱冠20歳でという言葉は聞…

雌伏

【漢字】雌伏【読み】しふく【意味】強い権力を持つ者に従いながら、活躍する機会を待つ。【例文】雌伏すること20年。退職した父の会社を引き継ぐ。 雌伏をテーマにした記事 できる男の仕事~雌伏するやり手サラリーマン 私の職場にこんな男性がいます。T…

地獄耳

【漢字】地獄耳【読み】じごくみみ【意味】他人の情報をいち早く聞いてくること。【例文】知り合いが多く地獄耳だから何でも知っている。 地獄耳をテーマにした記事 地獄耳の人であっても人付き合いは 他人の秘密をすぐに聞いてこようとする人が、身の回りに…

試金石

【漢字】試金石【読み】しきんせき【意味】何かの基準になる者。【例文】チームが優勝できるかどうかはイチロー選手が試金石である。 試金石をテーマにした記事 メルカリNOWが登場してからスマホで売買できるサイトは試金石 メルカリというとオークションが…

森羅万象

【漢字】森羅万象【読み】しんらばんしょう【意味】天と地この世に存在するすべてのものや現象。【例文】森羅万象は時代とともに変化する。 森羅万象をテーマにした記事 時には森羅万象を意識してみる 日々の生活の中で、目先のことだけに捉われていると、ど…

辛抱する木に金がなる

【漢字】辛抱する木に金がなる【読み】しんぼうするきにかねがなる【意味】辛抱強く努めればのちに成功して財産を得る。【例文】両親は若い頃、贅沢をせず真面目に働いてきたからこそ辛抱する木に金がなるのだ。 辛抱する木に金がなるをテーマにした記事 辛…

深謀遠慮

【漢字】深謀遠慮【読み】しんぼうえんりょ【意味】将来の先のことまで計画すること。【例文】人生80年、半分生きてきたのでこの先は老後の生活を深謀遠慮する。 深謀遠慮をテーマにした記事 深謀遠慮を意識した生き方を現代人はしている 「深謀遠慮」とい…

真に迫る

【漢字】真に迫る【読み】しんにせまる【意味】現実そのものに見える。【例文】真に迫る演技だった。 真に迫るをテーマにした記事 SMAPの真に迫る勇気がないテレビ業界 最近、ようやく香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さんの芸能活動が軌道に乗ってきたよ…

心頭を滅却すれば火もまた涼し

【漢字】心頭を滅却すれば火もまた涼し【読み】しんとうをめっきゃくすればひもまたすずし【意味】どんな困難に遭遇しても心の持ち方一つで困難を感じなくなること。【例文】家族のためだと思えば、きつい仕事も心頭を滅却すれば火もまた涼しだ。 心頭を滅却…

新陳代謝

【漢字】新陳代謝【読み】しんちんたいしゃ【意味】古いものが新しいものに次々と入れ替わること。【例文】新陳代謝が上がって肌の調子が良い。 新陳代謝をテーマにした記事 新陳代謝が良いと健康を維持しやすい 私は年齢を重ねるとともに、健康について考え…

死んだ子の年を数える

【漢字】死んだ子の年を数える【読み】しんだこのとしをかぞえる【意味】今さら言ったところでどうにもならないことを悔む。【例文】浪人生がもっと早くから勉強すればよかったと死んだ子の年を数える。 死んだ子の年を数えるをテーマにした記事 世の中の多…

心臓が強い

【漢字】心臓が強い【読み】しんぞうがつよい【意味】何事にも平然としている。厚かましい。図々しい。【例文】心臓が強い男は女性に嫌われる。 心臓が強いをテーマにした記事 アスリートは心臓が強い? 清水寺の手すりの上で、リフティングをした平安貴族が…

人跡未踏

【漢字】人跡未踏【読み】じんせきみとう【意味】人がまだ一度も足を踏み入れたことがないこと。【例文】人がまだ一度も足を踏み入れたことがないこと。 人跡未踏をテーマにした記事 人跡未踏の地は日本だと今後沖ノ島になりそうです 人がまだ足を踏み入れた…

新進気鋭

【漢字】新進気鋭【読み】しんしんきえい【意味】新しい分野で鋭い意気込みがあって将来期待される人。【例文】彼の発想は新進気鋭で即戦力になる。 新進気鋭をテーマにした記事 新進気鋭の新人探し 年齢不問で実はそんなに経験重視でもない私の務める会社の…

人事を尽くして天命を待つ

【漢字】人事を尽くして天命を待つ【読み】じんじをつくしててんめいをまつ【意味】出来ることは全てやったのであとは運命に任せるだけである。【例文】山で遭難して目印を大きく残して人事を尽くして天命を待つ。 人事を尽くして天命を待つをテーマにした記…

針小棒大

【漢字】針小棒大【読み】しんしょうぼうだい【意味】小さなことを大げさに言うこと。【例文】芸能週刊誌は針小棒大なので半分しか信用できない。 針小棒大をテーマにした記事 うつは好ましくない出来事の針小棒大の過大評価から始まる うつ気質の人は、外に…

信賞必罰

【漢字】信賞必罰【読み】しんしょうひつばつ【意味】功績を上げた者には賞を与え、罪を犯した者には罰を厳格に行うこと。【例文】会社の昇進降格は勤続年数ではなく信賞必罰をもって決めるべきだ。 信賞必罰をテーマにした記事 信賞必罰を心がける社長 信賞…

神出鬼没

【漢字】神出鬼没【読み】しんしゅつきぼつ【意味】行動が自由気ままで突然いなくなったり、戻って来たり居場所が特定できないこと。【例文】教授は常に忙しく、さっきまでいたのに神出鬼没だ。 神出鬼没をテーマにした記事 神出鬼没な野良猫たち 我が家はす…

人後に落ちない

【漢字】人後に落ちない【読み】じんごにおちない【意味】他人に負けていない。【例文】彼は高卒新人だが、大卒新人にも人後に落ちないほどの仕事ぶりだ。 人後に落ちないをテーマにした記事 私が人後に落ちない得意分野 「人後に落ちない」という言葉は、先…

人口に膾炙する

【漢字】人口に膾炙する【読み】じんこうにかいしゃする【意味】なますや炙った肉が称賛されることから、世間の人に多く知られチヤホヤされる。【例文】小説が売れて人口に膾炙する。 人口に膾炙するをテーマにした記事 「人口に膾炙する」は現代風に言うと…

心血を注ぐ

【漢字】心血を注ぐ【読み】しんけつをそそぐ【意味】全力を尽くして物事を行う。【例文】心血を注いだ作品が完成した。 心血を注ぐをテーマにした記事 池の水は心血を注ぐことできれいになる テレビ東京で話題になっている「池の水を抜いたらどうなるのか」…

心機一転

【漢字】心機一転【読み】しんきいってん【意味】ある出来事をきっかけに気持ちを入れ替えて前向きに進むこと。【例文】高校生活楽しかったなー。4月からは心機一転仕事をがんばるぞ。 心機一転をテーマにした記事 気持ちが滅入っている時に心機一転、仕事…

白黒をつける

【漢字】白黒をつける【読み】しろくろをつける【意味】物事の善悪をはっきりさせること。【例文】どちらの言い分が正しいか白黒をつけようじゃないか。 白黒をつけるをテーマにした記事 結婚するのか白黒をつけてほしい 白黒をつけるとは、物事をはっきりさ…

四六時中

【漢字】四六時中【読み】しろくじちゅう【意味】一日中。ずっと。【例文】四六時中彼女のことばかり考えている。 四六時中をテーマにした記事 四六時中、子どもの世話で手いっぱい 小さな子どもと一緒に暮らしている人、特に幼稚園や保育園にも通っていない…

白い目で見る

【漢字】白い目で見る【読み】しろいめでみる【意味】他人の言動に冷淡な目つきで見る。【例文】マナーが悪すぎて周囲が白い目で見る。 白い目で見るをテーマにした記事 田舎者が関東で白い目で見られて感じたこと 「白い目で見る」とは冷淡で悪意のこもった…

尻を拭う

【漢字】尻を拭う【読み】しりをぬぐう【意味】人の失敗の後始末をする。【例文】子どもの尻を拭うのは親だ。 尻を拭うをテーマにした記事 尻を拭う人は決まっています 尻を拭う、もしくは尻拭いをするという言葉はよく使われます。この言葉の意味は、「人の…

尻を叩く

【漢字】尻を叩く【読み】しりをたたく【意味】実行するように催促する。やる気を起こさせる。【例文】子どもの成績が上がったのは褒めて尻を叩いたからだ。 尻を叩くをテーマにした記事 毎回尻を叩く必要のある仕事に疲れて 一年ほど前から取り組んでいる仕…

思慮分別

【漢字】思慮分別【読み】しりょふんべつ【意味】道理をわきまえ物事を正しく判断すること。【例文】思慮分別ができる彼女に決定を委ねた。 思慮分別をテーマにした記事 忙しい毎日でも思慮分別をすると考えが変わってきます 発明家は閃きでアイデアを得てい…