2017-09-20から1日間の記事一覧

心に残る

【漢字】心に残る【読み】こころにのこる【意味】感動がいつまでも残っていること。【例文1】心に残る卒業式だった。【例文2】心に残る結婚式だった。 心に残るをテーマにした記事 心に残る思い出を増やしていく 自分の人生を振り返った時、心に残るものや…

愚の骨頂

【漢字】愚の骨頂【読み】ぐのこっちょう【意味】元々は愚の骨張と書き、愚かな者が意地を張るという意味がいつしか変化して、これ以上愚かな事はないと使われるようになった。【例文1】あれほど言ってるのに反省しない奴は、まさに愚の骨頂だよ。【例文2…

聞く耳を持たない

【漢字】聞く耳を持たない【読み】きくみみをもたない【意味】人の意見や発言を聞こうともしない者をいう。【例文1】彼が聞く耳を持たないのは固執しすぎているからだ。【例文2】聞く耳を持たないから失敗するんだよ。 聞く耳を持たないをテーマにした記事…

佳人薄命

【漢字】佳人薄命【読み】かじんはくめい【意味】美しく有能な人は幸せが薄いこと。【例文1】佳人薄命て言うけど、美人で有能なだけでも幸せじゃん。【例文2】佳人薄命なんて信じてないわ。 佳人薄命をテーマにした記事 「佳人薄命」とは運命的なものなの…

鬼の霍乱

【漢字】鬼の霍乱【読み】おにのかくらん【意味】強くて丈夫な人が珍しく病気にかかること。【例文1】お母さんが風邪引くなんて鬼の霍乱だね。【例文2】毎日10キロ自転車をこいでいるので、鬼の霍乱なんて事はない。 鬼の霍乱をテーマにした記事 「鬼の…

馬には乗ってみよ、人には添うてみよ

【漢字】馬には乗ってみよ、人には添うてみよ【読み】うまにはのってみよ、ひとにはそうてみよ【意味】馬には乗ってみないと良し悪しはわからない、人は付き合いをしないと性格はわからない。つまり何事も実際に経験しないとわからない。【例文1】馬には乗…

急がば回れ

【漢字】急がば回れ【読み】いそがばまわれ【意味】急ぐために慣れない近道をすると迷って結局は時間がかかる。それよりも本来の道を安全に通る方が早いということ。【例文1】急がば回れだ。書き間違いがないように下書きをした方がいい。【例文2】急がば…

足が早(速)い

【漢字】足が早(速)い【読み】あしがはやい【意味】食物が腐るのが早い。または商品の売れ行きが良い。【例文1】サバは足が速いから鮮度が命。【例文2】夏場の食物は足が速いから気をつける。 足が早(速)いをテーマにした記事 夏は食材の足が早くなる …

世の目も寝ずに

【漢字】世の目も寝ずに【読み】よのめもねずに【意味】夜も寝ない、休まない。【例文1】世の目も寝ずに母が看病してくれた。【例文2】世の目も寝ずに赤ちゃんの世話をする。 世の目も寝ずにをテーマにした記事 世の目も寝ずに活躍するお母さん。子どもが…

矢も楯もたまらず

【漢字】矢も楯もたまらず【読み】やもたてもたまらず【意味】気持が抑えきれず、いてもたってもいられない状態。【例文1】彼女に会いたくて矢も楯もたまらず、会いに出かけた。【例文2】矢も楯もたまらず、友人のお見舞いに行く。 矢も楯もたまらずをテー…