手が付けられない

【漢字】手が付けられない【読み】てがつけられない【意味】取るべき方法・手段がない。どうしようもない。【例文1】赤ちゃんはいったん泣き出すと手が付けられない。【例文2】肥満を放っておいたら、手が付けられないほど腎臓がやられていた。【参考】「…

人間万事塞翁が馬

【漢字】人間万事塞翁が馬【読み】にんげんばんじさいおうがうま or じんかんばんじさいおうがうま(どちらも可)【意味】幸せだと思っていたことが不幸に変わったり、一見、不幸だと思われることが幸運を呼び込むきっかけになることがあるということ。長い…

酸いも甘いも噛み分ける

【漢字】酸いも甘いも噛み分ける【読み】すいもあまいもかみわける【意味】人生経験を積むことで、世の中の表と裏を知り尽くしていること。そこから人情に通じ、どのような状況でも上手に対応ができること。【例文1】彼は自己中心的で酸いも甘いもかみ分け…

水魚の交わり

【漢字】水魚の交わり【読み】すいぎょのまじわり【意味】水と魚が切っても切れないことから離れられない親密な関係をいう。【例文1】小学校から水魚の交わりだった30年来の旧友と旅に出る。【例文2】20年の付き合いで水魚の交わりだから言葉にしなく…

頭を捻る

【漢字】頭を捻る【読み】あたまをひねる【意味】あれこれと思いめぐらす。【例文】どうすれば親にスマホを買ってもらえるか頭を捻る。 頭を捻るをテーマにした記事

引導を渡す

【漢字】引導を渡す【読み】いんどうをわたす【意味】諦めるように最終宣告をする。【例文】君には彼女は釣り合わないと引導を渡した。 引導を渡すをテーマにした記事 お局様に引導を渡す それはそれはもう鬱陶しいお局さんがいました。彼女はとても長く勤め…

慇懃無礼

【漢字】慇懃無礼【読み】いんぎんぶれい【意味】言葉や態度があまりにも丁寧だと形式的な受け答えでかえって無礼であること。【例文】クレームの電話を入れたが、慇懃無礼な話し方だった。 慇懃無礼をテーマにした記事 航空会社の対応にいつも感じていた「…

因果を含める

【漢字】因果を含める【読み】いんがをふくめる【意味】やむを得ない状況を説明して納得させる。【例文】因果を含めて娘にその男との結婚を諦めさせた。 因果を含めるをテーマにした記事

因果応報

【漢字】因果応報【読み】いんがおうほう【意味】良い行いをすれば良いことがあり、悪いことをすれば悪い報いがかえってくるもの。会話では悪い意味に多く使う。【例文】彼の不運さは今までの言動からしてみると因果応報としか言いようがない。 因果応報をテ…

異を唱える

【漢字】異を唱える【読み】いをとなえる【意味】反対意見を言う。【例文】彼だけ異を唱えたが、却下された。 異を唱えるをテーマにした記事 唯一企画に異を唱える上司 以前働いていた会社では、みんなから嫌われている上司がいました。企画関係の仕事なので…

意を決する

【漢字】意を決する【読み】いをけっする【意味】思い切って決心する。【例文】今夜、彼女にプロポーズすると意を決した。 意を決するをテーマにした記事 ソーシャルゲームをやめるために意を決する 最近の私はソーシャルゲーム疲れというものを起こしている…

修羅場

【漢字】修羅場【読み】しゅらば【意味】激しい争いの場面。【例文】夫婦喧嘩の修羅場に遭遇した。 修羅場をテーマにした記事 色々と修羅場はあるものです 修羅場という言葉の意味はどのようなものでしょうか。意味は、血みどろの激しい戦いや争いが行われる…

言わぬが花

【漢字】言わぬが花【読み】いわぬがはな【意味】言わないほうがいいときもあるということ。【例文】その話の先は言わぬが花だ。 言わぬが花をテーマにした記事 言わぬが花を高確率で実感する人生 私は昔から余計な事を一言言って空気が大変な事になったり喧…

弱冠

【漢字】弱冠【読み】じゃっかん【意味】20歳の男性を指す。近年は20歳前後の男性にも言うようになった。若干と多く間違われる。【例文】彼は弱冠20歳の若さで結婚した。 弱冠をテーマにした記事 弱冠は20歳限定とは言えない 弱冠20歳でという言葉は聞…

鰯の頭も信心から

【漢字】鰯の頭も信心から【読み】いわしのあたまもしんじんから【意味】イワシの頭のお供え物でも信ずる気持ちがあれば尊いものである。【例文】初めて彼女が作った手料理は決して美味しいとは言える物ではなかったが、鰯の頭も信心から愛情がこもっている…

雌伏

【漢字】雌伏【読み】しふく【意味】強い権力を持つ者に従いながら、活躍する機会を待つ。【例文】雌伏すること20年。退職した父の会社を引き継ぐ。 雌伏をテーマにした記事 できる男の仕事~雌伏するやり手サラリーマン 私の職場にこんな男性がいます。T…

色をなす

【漢字】色をなす【読み】いろをなす【意味】血色を変えて怒る。【例文】毎晩飲み歩いて嫁がとうとう色をなす。 色をなすをテーマにした記事 若気のいたり~色をなすほど怒った友人 10代の頃、専門学校で女子4人グループで仲良くなり、よく遊んだり勉強した…

地獄耳

【漢字】地獄耳【読み】じごくみみ【意味】1.他人の情報をいち早く聞いてくること。2.一度聞いたら忘れないこと。【例文】知り合いが多く地獄耳だから何でも知っている。 地獄耳をテーマにした記事 地獄耳の人であっても人付き合いは 他人の秘密をすぐに聞…

色を付ける

【漢字】色を付ける【読み】いろをつける【意味】気持ち程度お金を上乗せて渡すこと。【例文】借りていたお金に少し色を付けて返す。 色を付けるをテーマにした記事 色を付けるかどうかは相手次第 私の場合は相手によって色を付けるかどうか判断しています。…

試金石

【漢字】試金石【読み】しきんせき【意味】何かの基準になる者。【例文】チームが優勝できるかどうかはイチロー選手が試金石である。 試金石をテーマにした記事 メルカリNOWが登場してからスマホで売買できるサイトは試金石 メルカリというとオークションが…

色を失う

【漢字】色を失う【読み】いろをうしなう【意味】驚きや恐怖で顔が青ざめていく様子。【例文】大量出血で色を失う。 色を失うをテーマにした記事 あまりの歯の痛さに色を失う 毎日歯を磨いているつもりなのに、虫歯にはどうやっても勝てません。先日も歯の痛…

森羅万象

【漢字】森羅万象【読み】しんらばんしょう【意味】天と地この世に存在するすべてのものや現象。【例文】森羅万象は時代とともに変化する。 森羅万象をテーマにした記事 時には森羅万象を意識してみる 日々の生活の中で、目先のことだけに捉われていると、ど…

嫌気がさす

【漢字】嫌気がさす【読み】いやけがさす【意味】嫌だと思う気持ちが増してくる。【例文】いつもデートに遅刻して来る恋人に嫌気がさしてきた。 嫌気がさすをテーマにした記事 嫌気がさす 人間というのは、部屋が汚く散らかっていると、心の健康状態が悪くな…

辛抱する木に金がなる

【漢字】辛抱する木に金がなる【読み】しんぼうするきにかねがなる【意味】辛抱強く努めればのちに成功して財産を得る。【例文】両親は若い頃、贅沢をせず真面目に働いてきたからこそ辛抱する木に金がなるのだ。 辛抱する木に金がなるをテーマにした記事 辛…

間一髪

【漢字】間一髪【読み】かんいっぱつ【意味】極めて危険な状態。【例文】間一髪で助かった。 間一髪をテーマにした記事 間一髪で助かったことがあります 間一髪という言葉はよく使われるものですが、どのような意味があるでしょうか。これは事態が極めて差し…

否が応でも

【漢字】否が応でも【読み】いやがおうでも【意味】なにがなんでも。【例文】まだ熱は下がってないが、否が応でも彼女とのデートに行くつもり。 否が応でもをテーマにした記事 『働き方改革』導入の理由。否が応でも残業代を抑えたい。 私が勤める会社でも、…

深謀遠慮

【漢字】深謀遠慮【読み】しんぼうえんりょ【意味】将来の先のことまで計画すること。【例文】人生80年、半分生きてきたのでこの先は老後の生活を深謀遠慮する。 深謀遠慮をテーマにした記事 深謀遠慮を意識した生き方を現代人はしている 「深謀遠慮」とい…

閑話休題

【漢字】閑話休題【読み】かんわきゅうだい【意味】余談はやめて本題に戻すこと。それはさておき。【例文】ここらへんで閑話休題として、例の件どうする? 閑話休題をテーマにした記事 閑話休題という言葉について 「閑話休題」という言葉は知っていましたが…

いやが上にも

【漢字】いやが上にも【読み】いやがうえにも【意味】その上ますます。よりいっそう。【例文】家族が増えていやが上にもやる気が出てきた。 いやが上にもをテーマにした記事 5年ぶりに彼ができて、いやが上にもテンションが上がる 1カ月前の誕生日に、会社…

真に迫る

【漢字】真に迫る【読み】しんにせまる【意味】現実そのものに見える。【例文】真に迫る演技だった。 真に迫るをテーマにした記事 SMAPの真に迫る勇気がないテレビ業界 最近、ようやく香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さんの芸能活動が軌道に乗ってきたよ…